サッシをアルミから樹脂に変えればさらに効果を生み出す

内窓が選ばれる理由は、大きく4つが考えられます。

プラマードUという製品で知られるYKKのホームページによると、「空気層による断熱」「樹脂で断熱」「複層ガラスで性能アップ」「二重構造で防音」を紹介しています。

窓リフォームにおいてガラスの遮熱・断熱効果は大きく改善しました。建物は大きく壁、天井、窓を通して屋外と室内の空気が流出入します。しかし、窓はこうした建物全体のなかでも熱を取り込み、また暖まった空気を外に出してしまっています。

夏は熱の74%が窓から入り、冬は暖まった空気の50%が窓から出ているのです。窓の遮熱、断熱効果を高めればエアコンの使用量も少なくなり、省エネ効果も発揮できます。

注目されるのは、プラマードUが樹脂製のサッシを採用している点です。樹脂の断熱効果は、アルミの1000倍と言われるほど熱を伝えにくい性質を持っています。普段あまり意識しませんが、熱はガラスだけでなくアルミサッシやサッシの隙間から流出入しています。ガラスの改良だけでは不十分で、断熱効果の高い樹脂の採用やサッシの隙間をなくす技術が大切なのです。