夏は暑い熱を取り込み冬は温かい空気を逃がしているのが窓

窓からの熱の流出と流入の状況を(社)日本建材・住宅設備協会 省エネルギー建材普及センター「省エネ建材で、快適な家、健康な家」のデータで見てみましょう。

外気温がマイナス2.6度の場合の窓からの熱の流出割合は58%、逆に外気温が33.4度の場合の熱の流入割合は73%です。

は、屋根や壁、換気に比べて圧倒的に大きな流出入につながっていることがわかります。窓の遮熱効率を改善することは、大きな省エネ効果を生むことは明らかです。

夏は植栽をしたりスダレを掛けたりする工夫もできますが、スペースなどの制限があります。また、逆に冬はなかなか対処療法は難しい面があります。に太陽光が当たらなければ日差しは入ってきませんし、日が暮れれば急激に気温が下がります。