省エネの窓効果

 

省エネとは、石油などの化石燃料消費を少なくし、同時に地球温暖化防止につながる目的の2つがあります。電気代を減らすことは、火力発電に使われる石炭や石油の量を減らし、同時に排出される二酸化炭素による温室効果ガスも減ることにつながります。ひと家庭あたりの規模は小さくても、日本全体で見れば削減効果も大きくなるのです。