気密性や明るさと遮熱性確保のカギを握る窓

最近の住宅は、壁や屋根の遮熱・断熱効果が高くなっています。気密性も高いため、外部と部屋の間の熱の流出入は改善されてきています。しかし、熱の流出入量が最も多いのは窓なのです。夏は全体の熱の約70%がから入り、冬は逆に50%が出ているというデータもあります。

しかし、を閉め厚手のカーテンで覆うわけにもいきません。開放的でありたいし、透明性も確保したいものです。室内側のレースのカーテンは使用しても、カーテンを全部閉めると部屋が暗くなってしまうようではストレスにもつながってきます。

そこで登場したのが、窓ガラスそのものに遮熱・断熱効果機能を持たせ、さらに窓ガラスを2枚にして中間層を持たせた複層ガラス、窓そのものを二重にする、内窓を取り付けるという考え方です。窓を二重にすれば、外気に接するガラスと室内側のガラスの間に空間ができるため、遮熱効果は非常に高くなります。