安心な家だと思っても2階からの侵入などの盲点が

防犯、あるいは窓のセキュリティーを考えるうえで、もう1つの側面を考えてみましょう。

住宅への侵入窃盗被害に遭いやすい条件として、垣根や庭木が高く外から見えにくいという環境が指摘されています。郊外にある旧家のようにしっかりとした庭を構えた住居は塀もあり、塀の外を歩きながら中の様子を見ることはできません。

同じように、住宅が密集した場所に建つ戸建て住宅も家と家の間隔が狭く、外からは見えにくい条件が重なっている場合も多くあります。

しっかりとした家構えで防犯対策も講じているので安心、あるいは隣同士が密に接しているので人の目があるから安心というわけではありません。

こうした場合、ガラスの強度が弱い場所を探すのも窃盗犯たちの手口です。

2階に伝わる樹木や塀がないか。あれは、2階のガラスも防犯ガラスにする必要があります。最新の注意を払って、防犯対策ができているかもう一度チェックしてみましょう。