割れないガラスの効果は防災面でも発揮される

衝撃物がぶつかっても割れないガラスのもう1つの効果は、台風や竜巻などの自然災害によって引き起こされる被害の軽減です。突風は住宅の瓦を飛ばし、屋外看板の落下に伴う破片が窓ガラスを直撃する事故も珍しくありません。

台風による被害でもっとも多いのが、割れた窓ガラスで怪我をする例です。台風は来るまでには時間の余裕もあり雨戸を閉めたりする予防措置を講じることもできますが、それでも全部閉めてしまうと室内が真っ暗になることから、リビングは雨戸を利用しない家庭も多くあります。万が一に備えて、割れない強化ガラスは防災対策にもとても効果が高いと言えます。