窓ガラスの専門家が教える豆知識、セキュリティー

割れて飛散しない構造の防犯ガラス「セキュレ」

窓の施錠や構造は大きな意味を持つことはわかりますが、侵入窃盗犯が犯行を諦める時間は5分以内が約半数です。施錠がしっかりしていること、また侵入時間を遅らせることが防犯対策(セキュリティー)のポイントと言われます。

日本板硝子の防犯・防災ガラスSECU-RE(セキュレ)を例に見てみましょう。

セキュレは、衝撃物に対して貫通や割れて飛散することが少ない防犯ガラスです。特殊なフィルム2を枚のガラスの間に挟んで加熱と圧着することで強度を実現しています。

飛散テストを見ると、1枚ガラスは割れて大きな穴が開きますが、セキュレは挟み込んだフィルムによってひび割れ程度で大きな破損はありません。簡単には割れないので、カギに手をかける時間が大幅に伸びてしまいます。

中に挟むフィルムの厚さによって強度も違い、強度別3種類に応じた盗難見舞金を用意するなど、防犯対策セキュリティー対策に特化した窓ガラスの1つです。