ペアガラス・複層ガラスの効果は「遮熱」「省エネ」「遮音」

ペアガラス・複層ガラスは、1枚ガラスと比較すると、遮熱効果、室内の熱の入出量の軽減によりエアコンの使用料も減ることから省エネ効果も実現。さらに、中間層を持つ構造による遮音(防音)効果も高まっています。

しかし、世界の他の先進国と比べると複層ガラスの普及は遅れているようで、「2000年(平成12年)における日本の複層ガラスの普及率は5.1」(ウィキペディア:複層ガラスより抜粋)ということです。

ガラスを2枚にすることによる重量増の問題も軽量の樹脂サッシの普及で軽減されており、遮熱、省エネ、遮音などのニーズに合わせて簡単手軽な窓リフォームの需要が増えると期待されています。