複層ガラスの効果をさらに高めるLow-E複層ガラス

1枚ガラスに比較すると、2枚にすることで窓を介した熱の流出入を防ぐ効果は2倍になるとも言われています。
中間層が厚いほど効果は高いのですが、窓には網戸や雨戸も設置されているので、1枚ガラスと同じ厚さに近い方がリフォーム工事も簡単でき、工事費も安く抑えることにつながります。

複層ガラスの基本は、窓を介した熱の流出入を軽減するためのものです。日差しの強い夏、その熱が天井や壁、そして窓を介して入るわけですが、窓が占める率は約70%。窓がなければ、もっと部屋の中はエアコンが効いて涼しい状態が保てます。冬は逆に50%の割合で窓から部屋の暖かい空気が逃げてしまいます。1枚ガラスは直接、外気と部屋の空気にさらされますが、ガラスを挟んだ中間層によって熱の伝わりにくいガラスが実現するのです。そうした理由から、ペアガラスという2枚のガラスを1ユニットとする複層ガラスが登場しました。

また、Low-E複層ガラスもあります。「Low-E」低放射の意味で、内面部に金属の特殊な膜を張り付けています。複層ガラスとして使用する場合、外側あるいは内側のガラスを実情に応じて使い分けることで、一般的な複層ガラスと比較して断熱性能に優れた効果を発揮します。