結露やカビの防止にも効果を発揮

二重窓の効果は遮熱、防音、防犯などがありますが、結露やカビの発生を防ぐ効果も上がってきます。

エアコンによる暖房を行っている部屋の冬の窓の温度を、サーモグラフで調べた結果もあります。1枚ガラスの窓の表面温度が約15℃なのに対して、二重窓は約22℃と7度の差を生み出しています。

冬になると発生する結露は、外気温に対して高い室温の室内には多くの水分が含まれており、ガラス面の急激な温度低下に伴って水滴化してしまう現象です。ガラスの表面温度が高く維持されれば、それだけ水滴になってしまう量も減ることから、結露の発生を抑えることにつながります。

結露の発生は、同時にカビの発生にもつながります。カビは湿気を好みます。また、カビによって健康被害の心配も生まれてきます。

省エネにつながるエアコン使用につながるとともに、適度な室温と湿度を維持するための効果が二重窓のメリットだと言えます。