あまり知られていませんが、建物の構成する建材のなかでも、窓ガラスは熱移動が多い部分となっています。
どのくらい窓の断熱が弱いかというと、冬場、室内から外へ逃げてしまう熱を100とすると、そのうち約48%は窓からによるもので、夏場では約71%の熱が窓から侵入すると言われています。

つまり、窓の断熱性能を向上させることで、夏場のモワッとした空気感や、冬場の凍てつく冷え込みを、大幅に解消することが可能となります。また、家庭における電気代の約4分の1は冷暖房費によるものですが、この稼働時間が減ることで家計も助かりますし、CO2削減や節電といった省エネにも貢献することができます。

このような背景から、現在では、窓の断熱を手軽にアップさせる、便利なグッズも多く販売されています。窓ガラスにシリコンの膜を張る『窓断熱スプレー』や、ポリエチレンシートのフィルムをガラス面に貼る『窓断熱シート』などは、ご自身で安く簡単にできるものですが、断熱性能を強く実感できるほどの効果は得られません。

なぜなら窓の断熱効果は金額に比例するからです!