熱は温度が高い方から低い方へと、一方的に伝わる性質があります。
この法則を住環境にあてはめてみると、暑い夏場にエアコンで室内の温度を下げても、外気温の方が高ければ熱は室内へ移動し、逆に、寒い冬場に暖房器具で室内の温度を上げても、外気温の方が低ければ熱は室外へ逃げていくことになります。

このような状況では、室内の温度をいくら調整しても、お金とエネルギーの無駄になってしまいますね。そのため、建物の壁や床、屋根などには、ガラスウールやロックウール、ポリスチレンフォームといった断熱材を入っており、室内外の熱の移動が極力少なくすむように設計されているのです。

しかし、建物には断熱が弱い部分もあります。それが『窓』です !