技術開発が節電効果と窓リフォームの拡大につながる

窓は、窓ガラスとガラスを支える枠で構成されています。1枚の板ガラスで熱の流出入をある程度抑えるガラスもありますが、技術開発によって登場したのが2枚のガラスの間に中間層を設けて熱が伝わらないようにした複層ガラスです。

中間層を真空にして伝導率を下げる複層ガラスも開発されています。その複層ガラスを使って、二重窓リフォームも行うようになったのです。

しかも、厚さも薄く大きな工事をしなくても1枚の板ガラスと簡単に交換できるため、窓リフォームもどんどんと進むようになりました。

同じように、外窓の内側に内窓を設置する窓リフォームも普及しています。窓ガラスは、中間層という「緩衝空間」を設ける構造を実現しました。こうした技術開発が、節電効果につながる住宅リフォーム、リノベーションが拡大する1つの原動力にもなっています。