窓リフォームに注目が集まる理由は

ということは、エアコンによって強制的に変化させた室内温度を、今度は部屋のなかで一定に維持する時間を長くすることのできる建物の構造の検討が必要です。

高い気密性が維持される最近の一般住宅は、かつてのようにすきま風による空気の流出入は考えられません。しかし、なぜエアコンを常時使用しないと長い時間、一定の温度が保たれないのでしょうか。

その答えが、壁、天井、そして窓を含む構造物を介した流出入です。

窓からの熱の流出入の全体に占める割合が大きい点が指摘されています。屋根や壁は厚みもあり断熱材も入れるなど設計時から対策が講じられています。しかし、窓はガラス1枚を隔てるだけで外気と内部の空気が分かれているだけの構造です。