窓と節電効果

 

部屋全体の熱の流出割合のなかで窓の占める割合が大きいことは、実験データとして公開されています。夏は70%に当たる熱量が外から部屋に入り、冬は50&にあたる温かい空気が窓を介して出ています。普段、私たちはエアコンで室内温度を調整しているので、窓を介した熱の流出入量が軽減できれば節電効果につながることは明らかです。