複層ガラスが室内温度を保つ効果を生む

窓リフォームの主役は、「複層ガラス」です。2枚のガラスと中間層のスキマを1ユニットとした構造で、ガラスメーカーから製品化されています。こうすれば、外の熱い熱は遮断され、室内の温かい空気が外に漏れることを防ぐ効果を生み出します。

複層ガラスは、強度とともにガラスの厚さの問題も克服。ガラスの交換だけで窓リフォームが完了します。1枚ガラスのサッシごと全て取り換える事も必要とないため、窓リフォームとして広まるようになってきました。