ご相談から作業完了まで

ご相談から作業完了までの詳しい流れ

シミュレーション・お見積り

ご購入を検討している商品をシミュレーションしていただき、内容・金額に満足いただけるのであれば、現地調査をご依頼していただくことになります。シミュレーションの結果は、あくまで目安で、実際現地調査をする上で、追加料金など発生する場合がございますので、ご了承お願いいたします。

 
現地調査のご依頼

シミュレーション結果から現地調査のご依頼ができます。シミュレーションを行わず、お問い合わせより現地調査をご依頼も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 
確認メールを送信

現地調査のご依頼が完了すると、自動返信メールが送信されます。内容が間違っていたり、メールが届かない場合は、申し訳ございませんが、お問い合わせくださいませ。

 
現場採寸の日時調整

2・3営業日に、現地作業員から電話・もしくはメールにてご連絡させていただきます。その際、現地調査に伺う日時を調整します。

 
現地調査

作業員が現地にお伺いし、正確な窓のサイズを計測します。また、ご希望の施工方法等のヒアリングも行います。

 
作業日確定

実際にガラスの修理・交換作業に伺う日を決定します。お客様もご都合のよい日程をお知らせください。

 
作業開始

丁寧且つスピーディーに作業を行います。作業工程で気になることがあればお気軽にお申し付けください。

 
作業完了

仕上がりをお客様に確認していただき、工事完了となります。作業完了後も、何かありましたらお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

 

採寸・発注の注意

寸法実測(弊社が行います)

W・H寸法は、両端部と中央の3箇所を測定し、その最小の寸法をW・Hとします。 対角寸法を測定し下地のゆがみをチェックしてください。 クレセント取り付けできる位置はフリーですので既存設置の取り付け位置に合わせてお取り付けください。

そのまま取り付けられる窓

インナーウインドーは、既存窓内側の窓台(木額縁)に枠をネジ止めし、取り付けます。 窓台寸法が80ミリ以上であれば、すぐに取り付けすることができます。 これは、枠の見込み64ミリに既存窓クレセントのハンドル長さ20ミリ程度を加えた幅が必要となるからです。

額縁セット(オプション)が必要な窓

窓台奥行寸法が80mm未満の場合は、オプション部材の額縁セットが必要です。 掃出し窓には掃出し下額縁をご使用ください。なお上部と左右には、窓台奥行寸法により額縁(小)または額縁(大)が必要です。

注1. 既存窓台見付寸法が25mm以下の場合は既存窓台の改造が必要です。

注2. 窓台奥行寸法が80mm以下であっても既存サッシや召合わせ框がインナーウインドにあたる場合は額縁セット(オプション)が必要です。