夏の熱の約74%は窓ガラスから入ってくる

 

窓ガラスは、室外のを取り入れることもそうですが、室内の熱を逃がす効果も高ことがわかっています。YKK AP株式会社の実験によると、夏は「の約74%」が窓から入り、逆に冬は「の約52%」が窓を通して失われているという結果が出ています。これでは、エアコンが効きにくくなるのもうなずけます。

 

最近の住宅は、高気密で断熱効果が高い設計になっています。壁にも断熱効果が高い建築資材や材料が使われ、断熱材も普及しています。そこで窓を付けなければもっと断熱効果があがるのですが、そういうわけにもいきません。窓は、採光はもちろん風通しを確保、まだデザイン上もおしゃれなポイントの1つであるなど重要や役割があります。