防音硝子

最近の窓ガラスは防音効果も高いと言われます。

その理由は、2枚のガラスと中間層を持つ構造の複層ガラスというタイプのガラスが知られるようになったからです。
特に日本板硝子は中間層を「真空」にするなど、一般ガラスの2倍の断熱性能を実現しています。
音の伝わり方も、遮熱や断熱効果を生む構造と同じように効果が高く、屋外80dBに対して室内は40dBというある実験結果もあります。


最新技術によって作られる窓ガラスは、室内の騒音軽減にも大きく貢献しています。